比例代表選挙の投票用紙、過去最長の76.5㎝

788
立法委員の比例代表選挙の投票用紙が7日夜、台東県に到着、8日には空輸で離島の蘭嶼や緑島に届けられた。長さ76.5㎝は史上最長。(写真:CNA)

中華民国の第15代正副総統選挙、および第10期立法委員選挙が11日に行われます。台東県は末端地方自治体の間の距離が長く、管轄区域には離島も含まれているため、投票日の四日前の7日から投票用紙を届けています。

前線の接近が予想されており、9日は離島への飛行機や船の運行が危ぶまれるため、台東県は8日、これらの投票用紙を空輸で離島の蘭嶼や緑島に届けました。

そのうち、立法委員の比例代表選挙の投票用紙の長さは、今年記録を塗り替えました。4年前の2016年に行われた前回選挙には18の政党が候補者を立てたため、投票用紙の長さは73㎝に達し、話題を呼んでいました。しかし、今回の選挙では19の政党が候補者を立てているため、投票用紙はさらに長く、過去最長の76.5㎝となっています。

 

新聞來源:RTI
編集:王淑卿