新北市長選、与党・民進党の林佳龍・候補が敗北認める

140
新北市長選、与党・民進党の林佳龍・候補が敗北認める(写真:CNA)

26日に行われる統一地方選挙における新北市長選で、与党・民進党の林佳龍・候補は26日午後、敗北を宣言しました。林佳龍・候補は、今回の選挙への挑戦が成功しなかった。すでに、現職の野党・国民党候補、侯友宜氏に電話し、その再選を祝賀し、これからの4年間、新北市民をよく見守ろうと呼びかけていると共に、新北市や首都圏の発展に協力したい意向も表明しました

林佳龍・候補は、自分を支えてきたキャンペーンチームと支持者に感謝の気持ちを伝えています。林佳龍・候補は、敗北について、今回の選挙に対する関心が比較的薄く、与党の支持者が全員投票に行ったのではなく、新北市の投票率が史上最低となったと分析、今回の選挙は、民進党にとっては警鐘と言える。民進党はもっと謙虚に国民の意見に耳を傾ける必要である。民進党はもう一度やり直す前に、深く反省し、検討しなければならないと述べました。

(編集:許芳瑋/王淑卿)

ソース:RTI
編集:許 芳瑋
ソース:RTI