統一地方選の候補者番号抽選、各候補者が支持取り付けに必死

252
11月26日に行われる統一地方選挙の候補者ナンバーの抽選が行われた。南部の高雄市長選では、4人の候補者のうち、現職、民進党の陳其邁・市長が4番、最大野党、国民党の柯志恩・候補が3番を引いた。2人は選挙戦スタート後、公開の場では初めて顔を合わせる形となった。どの候補者も支持取り付けに必死になっていて会場は盛り上がった。(写真:RTI)

11月26日に行われる統一地方選挙の候補者ナンバーの抽選が行われた。南部の高雄市長選では、4人の候補者のうち、現職、民進党の陳其邁・市長が4番、最大野党、国民党の柯志恩・候補が3番を引いた。2人は選挙戦スタート後、公開の場では初めて顔を合わせる形となった。中部・台中市の市長選では、民進党の蔡其昌・候補が2番を引いたが、司会者が番号を読み間違えるハプニングがあった。現職の国民党、盧秀燕・台中市長は3番を引いた。また、改選となる北部の桃園市では、国民党の張善政・候補が1番、民進党の鄭運鵬・候補は3番を引いた。その他の自治体でも、候補者ナンバーの抽選が行われた。どの候補者も支持取り付けに必死になっていて会場は盛り上がった。

(編集:駒田 英/王 淑卿)

 

 

ソース:RTI
編集:王淑卿
ソース:RTI